SUMIギターL-00 新岡ギター教室モデルのオプションカラーとサウンド

最終更新: 2019年3月20日


SUMIギターL-00新岡ギター教室モデルのオーダー例です。 オプションで出来るカラーなどご紹介します。 完成したばかりのL-00のサウンドも聞いてみましょう。



夏の終わりの長野に行って,SUMIギターを4本引き取って参りました。

オーダーされた皆様の多くは一生の一本と思っておられることもありますので,私も期待にこたえるべくいいものにしたいと思っております。


どの部分がオーダーできるのか。どのようなバリエーションがあるのか。

そして,ルシアーに任せたらよい部分はどこなのか。


この辺の情報を少し載せてみたいと思います。

(⌒^⌒)b なるほど




オプションカラー  ハニートーンサンバースト

見た瞬間きれいだなと思える色合いですね。 これはスケールが632ミリのタイプです。



昔のエレキでレスポールギターにこういう色合いのものがあったと思います。

指板のドットがなしのタイプです。




このサイドバックは木目を活かしつつも当然ですが,少し色が入っています。 トップにあわせてサイドバックも調和するような色になっています。

こういう部分はルシアーにお任せがいいですね。





ボブレンケースがオプション扱いになっています。 SUMI工房の現在のメインのケースはもっと軽量のハードケースになりました。



続いては・・

1930年代風ビンテージサンバースト です。


サンバーストの黄色部分が小さいのが特徴ですね。 全体に黒味が多くなります。


でもステージ上でスポットライトを浴びたりするとわかるのですが,これが真っ黒ではないのです。

わずかにワインレッドのように赤味が入っていて,色に深みがあるのです。

w(°o°)w おおっ!!




これもサイドバックを板にあわせてバランスを取ってもらっています。

アバロンのワンリングが非常にインパクトがあり,かっこいいと思わせます。

(シンプルが好みの人もいますが。)

(^∧^) スミマセンです。




ボディバインディングの白とペグのボタンの白,アバロンのワンリングとブリッジピンの白がひとつの調和となっている気がします。


これも632ミリのスケールです。

スケールが長くなると低音が増し,箱なり感が強く出る傾向があります。

テンションが少しあがれば,弦が枯れても楽しめる時間が長くなるかもしれません。

伴奏からソロからよりマルチなギターになっていくのかもしれません。


でも,私は伴奏よりもこのギターにはソロギターとしての性質を求めているので,私の好みは628ミリかな。

メロディー重視で,弾きやすさ重視の628ミリが好きなのです。



これは普通のL-00タイプの塗装ですね。

サンバーストも完全に同じにはなりません。 木目を考えたり,サウンドホールとのバランスがあったり・・・。

でも,それが手工品というものですね。




これはヘッドにSUMIのインレイがなしのモデルですね。




こちらは私のL-00に非常に近い仕様ですね。

黄色が大目のサンバーストです。

アバロンリングも入っています。

スケールも628ミリで最もL-00らしい感じがします。

628ミリと短いとスタンダードチューニング向けなのかと思われるかもしれませんが,オープンGなどの変則チューニングも十分に行えます。

いつまでも弾いていられるテンション感と,メロディーをしっかり表現できるボディサイズの設計から来るサウンドが私のお気に入りですね。

(≧ω≦)bグッ



この音を録音してみますね。

今回は録音方法を少し変更し,iPodNANOで録音して,m4aファイルの前後切っただけのそのままです。

いつもはWAVEで録音して,少し音量などを調整してから,MP3に変更していましたが,そのままの音なので,音量は少し低いかもしれませんが,クオリティは変換がないので,高くなる気がします。

※ブログ移設のため、やむなくMP3へ変換しました(2019/3/20)。


L-00のオープンGカポ4

もしも,m4aのファイルを再生できない方はiTunesをインストールするか。

それともこのプレイヤーを試してみてくださいますか。

VLCメディアプレイヤー


スタンダードナンバーの「The Rose」ですね。

いいアレンジですね。


これはまた別のページで紹介するとして,このソロギターとしての実力はいかがでしょうか。

全くノンリバーブでそのまま部屋で録音しただけですよ。

(≧∇≦)b OK!


最も感動したギターの音色は,ニューヨークのマットウマノフで聞かせてもらった,1930年代のL-0モデルのエレベーテッドネックのものです。

それを店員のジェイソンがプレイした時に,驚きました。

(ノ°ο°)ノ オオオオ


この美しさはなんだ!


彼の弾き方も関係がありましたが,L-00モデルの可能性に確信を深めた瞬間でもありました。

それと同じような感動が新品の時から自分の好きなナット幅で実現できるのです。

O(≧∇≦)O イエイ!!



そして,それが数ヶ月から半年経つと驚くほど音が抜けてくるのです。

生音でもラインでも感動がありますよ。

ソロギターでメロディーを活かしたい方には特にお勧めいたしますね。

(⌒^⌒)b だね

完成まで通常は5ヶ月くらいかかります。

それもでも楽しい時間ですよね。


O(≧∇≦)O イエイ!!


ブランドサイト