ブランドサイト

アルグム2 ついにリリース開始!

最終更新: 2019年3月20日

新岡 大のソロギターCD アルグム2  超高音質なアコギCD

アコギCDの録音に一石を投じる音ですよ。 目の前で弾いているようなリアルさがあります。 ここ数年のアレンジを集めました。 高度な技術は使っていませんので,あなたが弾ける曲も必ずありますよ。



2016/2 追記

アルグム2が完売しておりましたが,再販の希望が結構ありました。また,録音工房の赤坂工芸の機材とソフトがグレードアップされて,以前の音源でもリマスタリング版が作れるようになりました。

その新しいリマスタリング版のアルグム2を聞いてみたら目からうろこが落ちます。 以前の音よりもさらにアコースティックギターを感じさせるのです。

2009年の時点で雑誌の録音評価は9.8点でした。今の音だと10点を超えて12点くらいになるかもしれません。



曲は同じですが,出てくる音は違います。よりアコギです。

日本限定200枚です。

1枚2160円送料込みとなっております。内側に日本語と中国語の解説が入っております。

メールはこちらから


2009/5/7 追記 アルグム2の皆様からの感想 第一弾!




アルグム2は前作に比べて、CDでアコギの生音を再現するこだわりの強さを感じました。 特に鉄弦独特のプレーン弦の艶やかな音と、コードストロークやハーモニクスの生々しい音には驚きました。 私はここまでアコースティックギターの生音を再現しているCDを聞いたことがありません。-ビンテージマニアS




「アルグム2」早速拝聴させていただきました。最初はデスクトップPCからヘッドフォンで聞きました。 正直リアルすぎてドキっとしました。詳しく申しますと、音が出た瞬間後ろを振り向いてしまいました。 これは自分の部屋のギターを誰かが弾き始めたって直感で驚いたんでしょうね(笑) このリアルさはやばいです。-S




このCDを掛け、本当に久々に大音量を鳴らしたくなりました。もっといい音が出るはずだ、とスピーカーの位置を調整しました。 その結果、出てきた音は、もう何というか、暖かく太い芯のある、これぞ、アコースティック・・・という音でした!!! また、今回は、音の拡がりはモチロンですが、遠近感みたいなものも感じる事ができました。凄い。 さらに、ただの高音質だけなら、そのうち飽きるのですが、洗練されたアレンジと、雑音の少ない演奏技術、そして、とても余裕のあるリズム感が、たまりません!!!-U




確かに今までアコギソロのCDでこんな音ははじめてだ。 左指が弦に触れて、押さえて、そして右指のアルペジオの微妙なピッキングニュアンス。ギターのトップの震えまで感じる。目を閉じるとあたかもギターの前で、ギタリストの前でまるでそこが聴く人の特等席・・・・。 そこは3Dのように立体的な音の世界です。 私も少しギターを弾きますが、プレーヤーにとってはほんの少しのミスタッチも許されない、1音1音がリアルさを 通り越して弾くのが怖くなる気がします。とても良いCDありがとうございました。-K




アルグム2ではエブリシングが一番のお気に入りです。もちろん弾けませんが、弾けるようになりたいと思わせる一曲です。 このようなCDを聞くと、ついついもっと高価なギターが欲しくなります。-S




先日到着して早速聞き込んで見ました。正直なところ、お世辞抜きに素晴らしいと思いました。 音質は間違いなく今まで聞いたCDの中で1番です。皆様も言われているように自分の近くで生で弾いているように感じました。 自分でも宅録をするのですが、それと比べると僕の音源の方には何重にもフィルターがかかっている感じがしますが、Algum2の方は何も間にはなく本当にクリアな音質です。またアレンジも素晴らしいです。-G




先生のHPでの触れ込みをしっかり読んでいましたのでもちろんかなり期待はしておりました。 往々にして期待が大きければ、聞いた時に?と思うことも多いのが音楽のインスツルメンタルのCDのように思います。 ところがやはりと言うか見事にマイナスイメージを裏切られまさにこれを置いて生のアコースティックの鉄弦の音は越えるCDはないだろうと思える音に溢れていていました。いい意味で恐ささえ感じるほどでした。 ギターの音だけでアドレナリンが放出され心臓がドキドキする経験はありません。 大げさに聞こえるかもしれませんが、聞けば誰もがそう思うことでしょう。-S




只今アルグム2の音源聴きながら書いております(既に何回も聞きました)。 本当にアコギの音色を余すことなく良質な録音環境で成された音源だと思います。癒されます。収録曲も良いですね。恐らく生マイク録り(エフェクター無し)だと思うのですが相当な不純物(音、加工)の無い仕上がり、弦楽器本来の良質な美しい音源に仕上がってると思います。気持ちが良いです。-S




こんにちは、新岡先生 凄いアルバムをお作りになられましたね~!。 前回のAlgumでも十分いい音でしたが、Algum2のギターの音の生々しさは、目を閉じて聞いているとまるで、目の前でギターを弾いているような感覚になります。 CDの音質にばかり目が行きますが、新岡先生の演奏技術・アレンジがあってこそ、ここまで感動的な音が完成したのではないでしょうか。よく聞いていると、曲目ごとにギターを換えているのがわかります。 今回のアルバムでの私のお気に入りは、7曲目のScarboorough Fair と8曲目の大きな古時計 です。-I




というかんじで,第一弾はこれくらいにしますが,他にも紹介しきれないほどたくさんの感想メールを下さりこの場を借りて感謝をお伝えいたします。

ありがとうございます。! (*^ - ^*)ゞ ポリポリ



ついに完成です。ジャケットもとてもいいです。

g」がギターになっていますし,音符の雲が空に浮いています。

到着してすぐに自分でも聞いてみましたが,正直すごいと思います。 2008年に続き2009年も優秀録音でベスト5に入る気がします。

なんでしょうかこのリアルさは。

まるで,目の前でギターを弾いているように感じられる曲もありますよ。

帯にはこんなことも書いてあります。


ちょっとアコギの音について考えてみましょう。


アコギの音は3種類あると思います。

1 アコギそのものの生音。

2 ピックアップからラインで出して,エフェクトしたライブの音。

3 アコギをマイクで録音したCDの音。


アコギの生音は当然素晴らしいですよね。人を感動させる力があります。 だから世界中でギターが愛されていると思います。

ライブの音もプロの方々は皆さん研究されて,ライブも感動的な音を作っておられる方がたくさんいますよね。


でも,CDの音はどうでしょうか。

ライブで感動したので,CDをその場で買って,家に帰って聞いてみたら・・・・

サア・・・( ̄ー ̄∂) ポリポリ


全く感動が伝わってこないという経験をしたことがある人は私だけではないと思います。


それには理由があります。


これは論より証拠でぜひこのCDを聞いてほしいと思います。 詳しい解説はCDのライナーノートに書きましたので。

使用したギターなども書いてあります。 音質がすごいので,ギターの違いもはっきりと分かりますよ。

(ノ^_^) ハイ!


昔からCDのことをアルバムといいますよね。

レコーディングを通してその意味が少し分かったような気がします。

自分の中で同じ曲が少しずつ変わっていくんですね。弾き方というだけではなく,解釈も変わっていきます。


だから,本当にその時点での自分の音楽を集めたアルバムなんだと思います。


ここ数年の間に少しずつアレンジして煮詰めて行ったものもありますし,このCDのためにアレンジを作ったものもあります。

締め切りが迫ると人間なんとかアイディアを出すものだということも分かりました。 締め切りがあるのもいいものです。

(* ̄m ̄) ププッ


曲目です。

CDの曲解説をわざわざ時間をかけて作ったのですが,CDのライナーノートに入りきらず,ボツになってしまいました。

(ノ_<。)うっうっうっ


それで,ここに載せますのでぜひ参考になさってください。

また,アルグム2のライナーノートは文字があまりに小さいので恐らくある年齢以上の方は読めないのではないかと思われます。

それで,最初から印刷用のライナーノートをPDFでおいておきますので,ご利用くださいませ。

アルグム2ライナーノート PDF

このジャケットもとてもいい雰囲気ですね。

ここまで書くとサンプル音源くらい聞きたくなりますよね。

本当にわずかなサンプルですが,用意しました。

このリアルさはどうでしょう。


アルグム2 サンプル1

この低音域が再生できるスピーカーだとすごいですよ。


アルグム2  サンプル2

数年かけてアレンジをためて,煮詰めて完成したまさにアルバムです。


ぜひWEB読者の皆さんともこの感動を分かち合いたいですね。


それで,ウォーターイズワイドのTABを希望者には差し上げたいと思います。

すでにお持ちの方には大きな古時計のTABもありますので。

(ノ^_^) ハイ!


ケースの割れの問題。

これまでどういう方法で送っても,プチプチを2重,3重に巻いてもこの割れをゼロにするのは難しいのです。 回りからの衝撃はいいのですが,CDケースは上からの衝撃に弱いんですね。

送料を上げるのもお互いよくないですし,最善の努力はしますので,わずかなひび程度は,ごめんしてください。(秋田弁)

(ToT)>゛スミマセンデス。


もちろんCDの盤面が割れているという場合は言ってくださいね。交換いたしますので。


もしも,この普通版でも高音質なCDをさらにマスターシリーズでも聞きたいという超マニアな方がおられますか。 今回は普通版でもかなり高音質ですが,やはりマスターシリーズだとリバーブの細かさが違いますね。


受注生産になりますが,以下のフォームからメールくださいね。

マスターシリーズ 14040円(税込) × 枚数 + 送料510円(エクスパック)


アコギストがもっと高音質に目覚めて欲しいので,一石を投じるCDになるかもしれません。

でも,もっと気楽に純粋にギター音楽として楽しんで欲しいというのが本音で,そのための高音質ということなんですね。

(≧∇≦)b OK!



メールはこちらから

PRO1の音の秘密を知るページ