わたなべゆう 3DAYS イン 秋田その2

最終更新: 2019年3月29日


2006フィンガーピッキングコンテストチャンピオン わたなべゆう 3DAYS イン 秋田 26歳の若手ギタリストの初秋田ライブです。 3日間たっぷり演奏してもらいました。




秋田市は南通りにあります,カフェブルージュです。

午後2時からのティータイムライブです。

カフェブルージュ



デザートにドリンクが付いて,間近でソロライブをたっぷり楽しめるという非常に満足度の高いプランでしたよー。


プロデューサーの 

∧ 0o0                

ミ・ 。・ミ    さん


ありがとうございます。! (*^ - ^*)ゞ ポリポリ




今回はPAを私が担当します。

スピーカラで会場に出して,アレシスをモニターにします。


本当にこれでライブが出来るのかと思われるでしょうけど,いい音で出来るんです。

本当にアコースティックサウンドですよ。

PAの耳が重要ですが,会場の残響,反響を考えて低音のボリューム位置を決定します。


しゃべり用マイクはスイッチ付きで必ずオフになるようにしましょう。




おしながきに今日の演奏曲も書いてあります。



その頃わたなべゆうは・・・・


一人楽屋で練習しているのでした。


「ぼくは,きんちょうしぃだからねー」



いよいよスタートです!



2日目はソロということもあってか,さらに演奏がのっていますね。


軽くさらさらと流れるように演奏しますよ。



30人近いお客さんでした。


トークも面白いです。大爆笑というよりも (o^<^)o クスッ と笑いが出ます。



途中雪がちらほらと舞い降りてとても雰囲気のあるティータイムライブとなりました。


彼の演奏の中でも特に秀逸なのは,アレンジ物ですね。

カーペンターズのアレンジも,ビートルズもいいですね。 カバーモノのアルバムが出たら大ヒットする気がします。


もちろんオリジナルでもとてもいい曲がありました。 それは,まだアルバムに入っていません。

自作の子供向け絵本のテーマ曲で,「くまのマクちゃんのテーマ」でした。


他にもフィンガーピッキングコンテストで2人が同点になり,もう一曲で再試合となった時に弾いて,優勝を決めたという曲・・・。

えーっ確か,「暖炉とロッキングチェアー」だったと思います。 これもいいですね。

しっかりしたリズムが チャッチャッ と刻まれて気持ちがいいです。


「クローバーと豚」というテンポの速い曲があります。 ベースをオルタネイトでびしびし鳴らしますが,どうしてもメロディーが聞こえにくくなる傾向があります。


本人も気にしていましたが,低音の鳴りが少し強いかな。


彼の演奏では低音を鳴らすときにメロディーが少し引っ込んでしまうのが,せっかくの演奏がもったいないなと思ったところでした。


これは,ギターのせいか,ピックアップのせいか少し疑問でしたが,それは3日目に明らかになるのでした。


とっても素敵なカフェブルージュでした。


ここでまたライブを企画したいですね。



このあと,彼はバーロックスのゲスト演奏をするのでした。


その模様はページの都合でカットして,3日目に行きましょう。


ブランドサイト