コピー: 同じギターでロングスケールとショートスケールでは音はどのように変わるか?


2019/10/16

マーチンのドレッドは645mm, OOOは632mm,ギブソンL-00は628mm

スケールが変わるとサウンドはどのように変わるのでしょうか。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

特に興味深いのはマーチンのOMとOOOの関係です。


OMは645mm 、OOOは632mm ボディサイズは同じです。


でもサウンドのキャラクターはかなり違います。クラプトンがアンプラグドで使ったのはOOO-42でした。OM-45も持っていたはずですが、OOOを選んだのは・・・


スケールが長くなると低音が出て、テンション感がありますので、コードを弾くとバランスが良いです。


ショートスケールは逆に中高音が綺麗でメロディーを弾く時に楽しくなってきます。メロディーの表現力が上がる気がします。


ところが、変則チューニングで6弦がCまで下がるとショートスケールでは少し物足りない感じになります。なので演奏スタイルで選ぶのが良いのですね。


ソロギターとリードギターを弾く私のスタイルではこのショートスケールのL-00というのは非常にマッチするのです。




ヘッドに猫インレイでもあればさらに愛着がわきますね。


ショートとロングの比較動画を作りました。




まずは見て頂いて、あとからショートとロングがわかれば面白いかも。


最初のギターが635mmのショートでした。


あなたの好みはどちらだったでしょうか。


ただ、カスタムオーダーの際にSJの大きさで600mmショートで作ってと言われても良い音になる保障がないのです。ショートと言ってもボディサイズとのバランスがあります。


635mmのL-00 アディロンにベトナムローズウッド 気に入っております。





マイブームがあるとギターはもっと楽しいですね。
















メールはこちらから



SJ07E-back_edited.png

ブランドサイト