LA旅行記とTaylor Guitars訪問 2016! その3



ハリウッドの滞在は思い切って映画スターが泊まるというRooseveltにしてみました。

ホテルが提供する空間とか色合いとか何かが普通のホテルと違います。

色合いも落ち着きます。清潔だし。

シャワーも座りながらできます。

この広い机に向かうと何か創作意欲が湧いてきて文章を書きたくなってくるから不思議です。

静かで日差しが自然で自分だけのクオリティの高い時間を提供するホテルかなと思いました。

この1本6ドルのエビアンを気にせず呑めたらセレブでしょう。 私は庶民なので,飲めませんでした。

ププッ ( ̄m ̄*)

ブルース・スプリングティーン,ジョン・ウェイン,エルビス・・・有名人御用達のホテルでした。

ビバリーヒルズのブティックにも間違って入ってみましたが,カシミアブレザー1着150万円。

(」゜ロ゜)」 ナント!!

ユニクロジーンズに中国製パーカーでまさに場違いの代表ですね。

ププッ ( ̄m ̄*)

なにかアメリカを感じますね。

最近はバーガーキングよりもカフェ・ビーンが人気ですね。お茶の充実でコーヒーが飲めない人も入れます。

興味深いのは彼らはすでに糖質制限という表現を使いません。プロテインスタイルつまりタンパク質スタイルダイエットという感じですね。

制限という表現が少しネガティブですね。積極的にタンパク質中心に食べているという自分のスタイルと言いたいのかもしれませんね。

ハンバーガーもプロテインスタイルというとレタスで包んでくれます。

カリフォルニアの青い空,日本が寒波で全国雪が降っていてもさわやかな天気です。 この青い空を渋滞のLAはどうやって維持しているのでしょうか。

車の数は少なくないのに中国の汚染都市の空のように曇っていないのです。

それはカリフォルニアの法律で高いガソリンを使う必要があるのです。その高品質ガソリンだと汚染を出さないというのです。環境汚染はコントロールできるのですね。興味深い。

蝋人形館は面白いですね。


遠目に上手に写真を撮ればそれ風にとれるかも。

完全に観光客ですね。

NAMMショウに行くならぜひとも近くのマリオットかヒルトンに泊まりたいですね。

今回は予約出来ませんでしたが,コンベンションセンターが閉まっても夜遅くまでホテルのロビーでプロの演奏を聴けます。ワンドリンク1000円くらいでしょう。

皆さんアジア人にもフレンドリー。

ホテルに来る人は客層が良いと思います。

様々なスタイルの演奏を楽しめます。

ガーデングローブというホテルに泊まりましたが,ロビーにいつもロックが流れているのです。 音量は大きくないのですが,雰囲気がいいのです。

ロビーと後ろがダイニングで夜になるとバーで盛り上がります。

アメリカはバーボンが地酒でスコッチは輸入品です。アメリカでは値段が大きく違うことを知りました。

アメリカのホテルは電気の使い方がいいですよね。

アメリカで一番困るのは食べ物。

材料が基本冷凍ものですから,中国人の社長サンは受け入れられません。 新鮮じゃないと感じてしまうようです。

なので,唯一活きているものは水槽のロブスターだったのですが,味付けが普通で食べるところが少ないのです。

なので仕方なく毎晩牛肉のステーキを食べていました。これは彼もOKのようでした。

それで朝を遅く食べて昼を食べない作戦にして朝はこれを食べるのです。

チーズたっぷり大型オムレツ。

女性シェフが作ってくれます。

チップを忘れずに。

充実したLA旅行の帰りの飛行機で見えた雲がピックアップの形に見えたのは気のせいでしょうか。

でもやっぱり日本に着いて最初に行ったのは焼き鳥屋。

やっぱりこれがいいね。プロテインスタイルだし。

O(≧∇≦)O イエイ!!

PRO1の音の秘密を知るページ

SJ07E-back_edited.png

ブランドサイト